Kawasaki KL250R



カワサキの4ストローク250ccオフローダー、KL250Rである。
KLRとしてのモデルは既に廃版となっているが、前身のKLから現行のKLXまで、
姿を変えつつもその血(オイル?)は連綿と継承されている。
実は「KLR」とは通称であり、正式な型名はKL250D型といい、84年のデビュー以来、
93年にKLE・KLXに世代交代するまで、D1からD5までマイナーチェンジモデルが存在する。
「エルちゃん」こと、我が家のKLRは、88年発売の最終型モデル(D5型)である。


おにぎり型のタンクから、ラジエターを収めたシュラウドへと続くフォルムは、
現行オフローダーの先駆となったデザインであり、今でも古さを感じさせない。
大型の角型ヘッドライトはガラスレンズのため、12V電源によるハロゲン球を使用でき、
ノーマルのままで充分に明るく、ナイトランでも全く不安がない。
なお、ナックルガード及びフロントブレーキのディスクガードは、後付けのアチャルビス製である。


リアサスはおなじみのユニトラックで、ギャップで
跳ねたりすることもなく、路面追従性は抜群である。
フロントサスはエアー封入式で、空気圧を変える
ことにより、好みの硬さに調整可能である。

唯一の不満点は、リアブレーキがドラム式で利きが
甘いところであるが、4スト故に、エンジンブレーキ
だけでもタイヤロックする程に強烈な制動がかかる
ため、通常利用ではあまり不便はない。

大胆なアッパータイプの泥除けが格好いい!
やっぱりオフローダーは、こうでなくっちゃ。

写真はDR-BIGとのツーショット。
さすがに800ccのビッグバイクと並べると
小柄に見えてしまうが、KLRは250クラスの
オフ車としては、かなり大柄な部類に入る。
90cm近いシート高とワイドなシート幅により、
乗り心地は良いが、足付きはやや高めである。


JR小海線・野辺山駅近くの、JR標高最高地点付近の踏切にて。
オフローダーたるもの、線路だろうが階段だろうが、走らんでどうする?!(嘘だってば)
時刻表をチェックし、列車は1時間近く来ないというチャンスに撮影。


KLRの心臓は、空冷OHCが主流だった当時の
オフローダーとしては、異端とも言える水冷DOHC
4バルブ単気筒エンジンで、最高出力28hpを発生する。

口をそろえたように「鈍重」と言い放っていた雑誌等の
インプレッションと違い、DOHCエンジンはとても元気がよく、
クラッチをつないだままでも、低速域からレッドゾーンまで
ストレスなく一気に吹き上がるパワーを発揮する。
もちろん、4ストシングル特有の粘り強いトコトコとした
低速走行も得意で、ローではアイドリングだけでも走れる。
メーター部は、水温計を挟んで速度計と回転計が並ぶ
アナログメーターとなっており、視認性は非常によい。
写真は、キリ番ならぬ、キリメーター(?)。
走行メーターが12345.6km、トリップメーターが789.0kmに
なっているのがわかるだろうか? 拍手〜!

KLRは、自身のファーストバイク、つまり原点とも言える
バイクであったために、購入時にはライバル車種との
天秤でだいぶ迷ったものであるが、結局、安定性の高い
水冷エンジンと、白ボディにブルー&ライムグリーンの
ラインが鮮やかなニューカラーに惚れこんで、店頭で
見た瞬間に惚れこみ、購入に踏み切ったのであった。



88年当時の、販売店用パンフレットから。 「大自然派高性能」というキャッチの他、
「景色にとけこむ走り」というフレーズで、雑誌に広告を載せたりしていた。
販売価格は、本体399,000円。(もっとも、オプションなど存在しないが)



エルちゃんは、12年にわたり尽くしてくれていましたが、昨年(00年)ついに廃車となりました。
長い間、一緒に走ってくれて、本当にありがとう。


01.04.17.up → 05.10.30.refine